GAME REPORTS
2017.05.14 12:00KO @明治国際医療大学グラウンド
関西学生女子サッカー 春季2部リーグ 第2節
vs 京都教育大学
○6-1(3-0)


先発:佐々木 川原 河崎 国広 岡田 藤崎 宇山 吉田→大田萌 ゴギー 島本→吉川 濱
得点: 17' ゴギー 18' 藤崎 41' 吉田 59' 島本 80' オウンゴール 81' 大田萌

開幕戦は勝利を収める事ができ、その勢いに乗りたい関大なでしこ。試合は、大自然に囲まれた明治国際医療大学グラウンドでキックオフされた。
立ち上がりはなかなかペースを作ることが出来ずに苦戦したが、前半5分ゴール前混戦の中、藤崎が持ち前のドリブルでシュートまでいき、関大にいい流れを作る。前半9分には相手ゴールキックのミスを拾い、吉田と濱がリズム良くパスを回し、シュートを放つが惜しくもキーパー正面。得点には繋がらないものの、関大の勢いは止まらない。その後、コーナーキックを獲得し、濱がシュートを打つがこれはポストに当たる。しかしそのこぼれにゴギーが反応し、得点。1-0となる。その後また獲得したコーナーキックをショートで繋ぎ、河崎が折り返したボールに藤崎が走り込み追加点となる。勢いに乗った関大は、遠くからもゴールを狙うが得点には繋がらない。しかし、この後も関大の攻撃は続く。前半29分、縦のスペースを駆け上がった宇山のクロスに吉田が反応し、混戦の中シュートを打つも惜しくもキーパーに阻まれる。前半34分には、前線からのプレスで相手のミスを誘い、ゴール前でチャンスを作る。関大ペースが続いた前半40分、ゴール前で藤崎がカットし繋いだボールからリズムを作り吉田が仕掛けてゴール。3-0で前半を終える。
後半このまま勢いに乗りたい関大は立ち上がりから攻め続ける。後半9分には、ディフェンスラインから綺麗な縦パスが当たり、"当てて落として3人目"という自分たちの形を出せたもののシュートまでいけない。ボール保持の時間は続くものの、決定的なチャンスが作れない。後半17分には中央でボールを持った藤崎がうまくサイドに散らし、ボールを受けたゴギーがクロスを上げるも惜しくもディフェンスラインに阻まれる。良い流れの中で点が欲しい後半19分、縦パスに反応した鳥本がシュートを放つ。これが決まり、4-0となる。後半20分には、吉田に代わり左利きの大田が入りさらにゴールを狙う。後半28分から徐々に相手ペースになり、コーナキックを与えてしまう。その直後、後半29分ゴール前で抜け出され、PKを与えてしまう。それを決められ失点、4-1となる。後半31分には、鳥本に代わり吉川が入る。後半35分、藤崎からのスルーパスが大田に入り、ドリブルからシュートを放つが、キーパーに阻まれる。最後まで得点を狙い続ける関大は、後半39分岡田のオーバーラップからクロスをあげゴール前で混戦となりオウンゴールを誘い、5-1。更に勢いの止まらない関大は後半42分大田が相手からボールを奪い、そのままシュートを打ちゴール6-1となり、試合が終了する。
前節に引き続き勝利で終えることが出来たが、次節に繋げる為には更なる向上が必要不可欠である。今日の課題を修正しレベルを上げた状態で和歌山大学との試合に挑みたい。


文 責:加藤 友梨(2回生)
確認者:足高 清司




戻る