GAME REPORTS
2017.05.27 14:00KO @アクアパルコ洛西
関西サッカーリーグ 前期 第5節
vs アミティエSC京都
●2-6(1-2)

公式記録はこちら

リーグ戦上位争いに絡み続けるためにもこの試合は重要だ。相手はリーグでも屈指の強豪であるアミティエ。関大FCがどこまでやれるかが試される。
試合は関大FCのキックオフで始まる。すると立ち上がりの前半4分、奥野のミドルシュートが相手にあたるとこれがゴールに吸い込まれ得点。いきなり先制に成功する。その直後にも美座に得点のチャンスがくるが決められない。序盤は浮き足立った相手に得点を奪えたが徐々に相手がボールを回し始める。ここで関大FCは受け身になり引き気味に構えたため、前半14分には相手に連続でシュートを打たれるなど何度もピンチをむかえる。すると前半24分に右サイドを崩され、中に展開したところでシュートを打たれる。これはDFがブロックするもこぼれ球を押し込まれ同点に追いつかれてしまう。両サイドをうまく使ってくる相手に対して関大FCはうまく対応できずにいると前半終了間際にグラウンダーのクロスから得点を決められ逆転を許してしまう。そして前半が終了。
両サイドの守備をしっかり改善しなければ後半も同じ展開になるだろう。関大FCが前でプレーできたのは前半の序盤のみでその後は攻めでいいプレーがなかった。後半はより前でプレーするのを意識するべきだ。
後半が始まり、巻き返しを図りたいところだったが後半7分にまたもこぼれ球を詰められ1-3といきなりリードが広がる。防戦一方の関大FCは前からの守備が一向にはまらず、後半28分、36分、42分と立て続けに失点し、一挙に1-6まで差を広げられた。ロスタイムに途中出場の田中が鮮やかな得点を決めるも最終的な結果は2-6。
大敗を喫してしまった。今シーズンの関大FCは負けるときは大量失点が多く、試合中に問題を修正することや劣勢時の気持ちの持ちようなどの課題が残る。また攻撃では単調なロングボールを使った攻め多く、ボールを持てる時間がなかった。キックのみでは相手を崩すような攻めは難しいのでよりパスを回せるようにトレーニングするべきだ。リーグ屈指の相手と戦い、多くの課題が浮き彫りになったので次の試合までにできる限り改善して臨みたい。



文 責:小林 隆人(2回生)
確認者:保手濱 直樹



戻る