GAME REPORT


2019.03.21 15:15k.o. @桃山学院大学G
大阪サッカー選手権 大学予選 1回戦
vs大阪経済大学 ●0-2(0-2)

公式記録はこちら

新チームとなり最初の公式戦となる大阪サッカー選手権 大学予選1回戦。相手は、今期1部に戻ってきた大阪経済大学。これからのシーズンに向けて弾みをつけるために勝利を掴み取りたいところだ。グラウンドに熱い応援が響き渡る中、大経大ボールのキックオフで試合開始。
前半開始から両チーム共ファールが多く、なかなか流れに乗れない中、牧野、草刈を中心にゲームを落ち着かせる。ボールを回し関大ペースかと思われたが、キーパーへのバックパスを相手FWに取られそのまま失点。失点後も関大がボールをコントロールするが、ミスが多く相手のカウンターを受ける時間が続く。前半13分に、コーナーキックを押し込まれ再び失点。0-2。得点が欲しい関大は、長短のパスを使いボールを両サイドに動かし、相手を攻めたてるがなかなかチャンスには繋がらず、コーナーキックやフリーキックもゴールに結びつけることが出来ない時間が続く。しかし、荒井のシュートをきっかけに、流れに乗った関大は、低いクロスやフリーキックからシュートを放つも得点には至らず前半終了。
後半は、青木真生都に代わり松井修二が入り関大ボールでキックオフ。福原のシュートを皮切りに、。勢いがついた関大は、牧野が起点となり攻撃を組み立て、右サイドバックの坂口からのクロスを矢野がスルーし、草刈がシュートを放つも枠の外。松井が入り、相手陣地の深くまで押し込めるようになった関大は、さらに、佐藤、松本歩夢、岡崎を投入する。相手の守備ブロックに間が空き、関大のFWにボールが収まるようになると、ショートパスのテンポを上げ、交代選手を中心に相手を押し込む時間が続く。守備では、羽田を中心にカウンターの芽をつみ、ボールを関大が支配する。しかし、決定機を作り出せず、ゴールに結びつけることが出来ずに0-2で試合終了。
ボールを持つ時間が多くあった関大だったが、ミスが多く決定的なチャンスをあまり作り出せなかった試合だった。これから開幕する関西学生リーグに向けて立て直してほしいところだ。



文責者:近藤 史也(2回生)
確認者:前田 雅文